産後のデリケートゾーンの臭いや黒ずみ

産後のデリケートゾーンの臭いや黒ずみの原因は?

産後のデリケートゾーンの臭いの原因は?

デリケートゾーンは、汗などで雑菌が繁殖することで臭うことが多いですが、産後にも臭いがきつくなる事があります。

 

会陰切開、悪露の状態が継続して、子宮の環境変化によってカンジダ菌が繁殖するために、生臭い臭いとなる事があります。

 

産後のデリケートゾーンの臭いや黒ずみの原因は?

また、出産後の体質もホルモンのバランスによって変化し、汗かきになったりする女性も多いです。そのために雑菌が繁殖して、臭いがするという事もあります。

 

産後、会陰切開をした後のために、お手洗いの後デリケートゾーンに触れるのが怖いためにしっかりと拭けない方がいます。

 

シャワートイレの場合は、弱くして水で洗って清潔な状態を保つようにしましょう。
外出先では、携帯用の洗浄水が市販されていますので、できるだけ持ち歩いて使用すると良いです。

 

産後のデリケートゾーンの臭いや黒ずみの原因は?

また、赤ちゃん用のおしりふきも刺激が無いので、試用している人も多いです。
そして、水分はできるだけしっかりふき取る事もポイントです。

 

入浴時は、ボディソープではなく固形石鹸で!

 

産後のデリケートゾーンの臭いや黒ずみの原因は?

 

入浴時は、ボディソープではなく固形石鹸で洗うと良いです。
ボディソープは保湿効果が強いので、洗い上がりがすっきりしない場合があります。
固形石鹸はさっぱりと洗い流すことが可能です。

 

産後のデリケートゾーンの臭いや黒ずみの原因は?

入浴後はしっかりとタオルドライをします。
完全にお肌が乾くのを待ってから衣服を着るようにします。
乾き切る前に衣服を着てしまうと、その水分が衣服についてしまい、いつまでもジメジメとしてしまうのです。

 

汗をかいたら、速やかに衣服を交換することも大切です。
汗をかき湿った状態でいると、衣服に雑菌が発生してしまい、デリケートゾーンにまでそれが及んでしまい、結果ニオイが発生してしまうのです。

 

デリケートゾーンの黒ずみにも最適な外出先でのアイテム

 

デリケートゾーンの黒ずみや臭いは誰でも気になるものです。
多少の臭いは仕方がないとしても、強烈な臭いを発していると恥ずかしいですよね。

 

デリケートゾーンの臭いの主な原因としては、雑菌が繁殖してしまっていることが考えられます。
どうしても衣類をつけているせいでムレてしまいますし、汗もかきやすくなるので雑菌を抑えるのは至難の技です。

 

他にも尿やおりもの等も雑菌が発生する条件を備えているので、普段から気を付けていないと臭いを防ぐことは難しいと思います。

 

ではそんな臭いを防ぐにはどうしたら良いか。
答えはシンプルになってしまいますけど、デリケートゾーンを清潔にしておくことです。
お風呂に入ったら優しく丁寧に洗う、特に汚れが溜まりがちな部分は念入りに。

産後のデリケートゾーンの臭いや黒ずみの原因は?

トイレに入ったら必ずビデで洗うように心がけ、デリケートゾーン用のウェットティッシュも使用すると効果的です。

 

下着も通気性の良い物に変えるだけで、だいぶ雑菌の繁殖を抑えられるのでお勧めです。

 

それとアルコールの量を減らしたり野菜を多く摂取する様な食事に変えることで、体臭の対策や予防に繋がりますので生活習慣を見直してみるのもアリだと思います。

 

 

とはいえ日頃の対策が大事です!

 

なかなか人には聞けないのがデリケートゾーンのにおいの悩み。

 

デリケートゾーンのにおいは雑菌と汗腺により発生します。生理やおりもの、尿などでも雑菌が繁殖しやすい場所でもあるのです。においを気にせず快適にすごすにはどうしたらいいでしょうか。

 

  • 清潔が一番!下着をこまめに変える
  •  

    まずは下着を清潔にしておくことが一番です。汚れていなくても、汗などでムレている場合もあります。できれば朝起きたときに下着を替えてみましょう。下着は通気性のよいものを選びます。

     

  • おりものシートなどを使用する
  •  

    生理のときこまめにナプキンを変えるのはもちろん、普段からおりものシートなどを使用して外出先などでも常に清潔を保ちましょう。

     

  • 専用の石けんを使用する
  •  

    お風呂で石けんをよく泡立てて丁寧に洗います。最近では、雑菌の繁殖を防ぐ成分のデリケートゾーン専用の石鹸も販売されています。ゴシゴシと強く洗わないようにしましょう。皮膚などを傷めると、かゆみの原因にもなり、さらににおいの問題が起こります。

     

 

においはなかなか完全に消すことは難しいですが、あまり神経質にならず、普段の生活でできることからやってみましょう。

 

 

男性でもデリケートゾーンの匂いが気になります。特に女性と夜の営みがある場合かなり神経質になります。
そこで私が考える男性のデリケートゾーンの匂いの原因、対策について紹介したと思います。

 

男性のデリケートゾーン匂い対策

まず原因ですがまず一般的なものがむれです。ボクサーパンツや汗の吸収の悪いブリーフトランクスなどは特にむれの原因となり雑菌の繁殖の手助けになってしまいます。
そして次に尿もしくは自慰行為をした後陰茎をしっかり洗浄しないことも匂いの原因となります。

 

そしてなにかしらの感染症にかかっている場合はとてつもない匂いを放つことがありますがこの場合は病院に検査をしに行き完治すれば治ります。

 

一般的なデリケートゾーンの匂い対策としては夏であればこまめにシャワーを浴びる。 そして皮をしっかり剥いて洗浄すればそこまできつい匂いにはなりません。 
また通気性の良いトランクスタイプのパンツに変えると尚いいでしょう。

 

 

男性はとにかくお風呂でしっかり洗うこと

 

男性は特にデリケートゾーンというのは、綺麗にしていないと臭いがきつくなってしまいます。
そのため綺麗にしておくことが、一番の対策になります。そのためにはお風呂でしっかり洗っておくことが必要となり、それによって臭いを抑えられるようにしておきます。

 

男性のデリケートゾーン匂い対策

泡をしっかり利用して、指を使ってデリケートゾーンを洗っていきます。
タオルを利用すると刺激が強いので、指を使った方が楽に洗えるはずです。後はしっかり洗い流して、清潔な状態を保つようにしてください。

 

できる限り汗などで蒸れないようにしておくことも大切で、通気性のいい下着を切るなどして対応してください。
基本的にはお風呂に入った時に、しっかり洗っていれば臭いは抑えられるようになります。

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む≫ 2014/11/17 08:57:17

デリケートゾーンの匂いは原因を知らなきゃ解決できない

 

女性にとってデリケートゾーンの匂いは周囲の人にも相談しにくい悩みですが、一体何が原因で匂うのか原因がわかりにくいのも事実です。
デリケートゾーンの匂いの原因で一番多いのが、おりものやナプキン・ムダ毛・スットッキング・下着蒸れが原因です。

 

女性のデリケートゾーンは性器の仕組み上、複雑な形状をしているので、性器から分泌されるおりものや皮脂・汗・などが出ます。この皮脂や汗のおかげで体温の調節をすることができますが、皮膚には皮膚常在菌がいますので、暑い季節や下着の締め付けなどが原因で汗や皮脂が出た後、しばらくするとたんぱく質が分解されあのイヤ匂いがしてしまうのです。

 

この部分の匂いを緩和させるためには、酸化しすぎた油で揚げた揚げ物を食べないようにしたり、脂分の少ない食事を心がけるなどの生活面での注意した方が良いでしょう。

 

洗う場合には、気になるとはいえデリケートゾーンを石けんでゴシゴシ洗うのではなく、指で優しく洗いぬるま湯で洗い流すか、専用の石けんで洗うようにしましょう。

 

 

洗いすぎは逆効果!

陰部の臭いは汗をかいてムレた時や、女性の場合は生理の時などに強くなる事が多いです。
このような原因の場合は、デリケートゾーンを清潔にする事で軽減、緩和することができます。

 

匂いの原因と食生活で対策する

女性が最も気になるのは、生理の時の臭いです。
ナプキン、下着によってムレたり、経血に雑菌が繁殖してしまう事で、臭いが強くなります。
生理の時は、できるだけこまめにナプキンの交換をするようにしましょう。

 

おりものの量が急に多くなったり、色が濃いなどの場合臭いがきつくなる事があります。
性感染症、炎症などが原因の場合もあるため、医療機関で受診するようにしましょう。
また、デリケートゾーンを清潔に保つことは重要ですが、洗いすぎは逆効果となる場合があります。
洗いすぎてしまうと、必要な皮脂まで流してしまうために肌が荒れたり炎症を起こしてしまったり、常在菌まで流れたために雑菌が繁殖しやすくなる場合があるので、ほどほどにしましょう。

 

ニオイを減らすためには野菜と乳製品がカギ!

 

ニオイは食べ物でずいぶんと変わるらしいです。
ずばり言ってしまえば、肉ばかりの生活ですと体臭はきつめになると言われています。それはデリケートゾーンのニオイ然り。

 

ですから、デリケートゾーンのニオイが気になるようでしたら、まずは野菜中心の食生活に変えることをおすすめします。
とは言っても、野菜ばかり食べていればいいというわけではありません。
です。

 

匂いの原因と食生活で対策する

乳製品は身体の調子を整えるだけではなく、どうやらニオイを軽減する働きもあるそうで、栄養士の友人曰く「ぜひとも野菜と一緒に乳製品はとって欲しい」ということでした。なんでも、乳製品に含まれる栄養価は、野菜の栄養価を高める働きもあるそうなのです。

 

匂いの原因と食生活で対策する

ですからこそ、ニオイを軽減させたいのであれば、野菜の効果を高めて身体の調子を整える乳製品もとりましょう。

 

 

続きを読む≫ 2014/11/17 08:57:17

 

アンダーヘアの処理やVIO脱毛をしてニオイを防ぐ

 

デリケートゾーンは高温で蒸れやすくなっていて、尿、汗など常に雑菌のエサになるものがあるので、雑菌が繁殖してニオイ物質が作りされて不快なニオイが発生します。

 

ムダ毛があると熱がこもって蒸れやすくなります。アンダーヘアの脱毛をすることで風通しがよくなって蒸れにくくなり、雑菌の繁殖が抑えられます。

 

デリケートゾーンは傷つきやすいので自己処理する場合は注意が必要です。ワセリンで皮膚を保護してから、デリケートゾーン用のシェーバーで剃るか、ヒートカッターで毛を切ります。

 

アンダーヘアの処理やVIO脱毛をしてニオイを防ぐ

脱毛サロンで行っているアンダーヘアの脱毛ならアンダーヘアを半永久に処理できますし毛量が減ることで蒸れにくく雑菌が繁殖しなくくなり、ニオイの発生を抑えることができます。

 

 

アンダーヘアを全て剃ってしまうという手もあり!

 

デリケートゾーンというのはとても臭いが発生しやすい部分です。
高温多湿で雑菌も発生しやすく、放置しておくとかなり嫌な臭いを発生させてしまうことも。指摘される前に臭い対策をしておきましょう。

 

デリケートゾーンの臭い対策でおすすめしたいのが、アンダーヘアを剃ってしまうという方法です。

 

アンダーヘアの処理やVIO脱毛をしてニオイを防ぐ

アンダーヘアは発生した臭いを留めてしまいます。アンダーヘアを剃ることでそれを防ぎ、同時にムレを防止して湿度も軽減。かなり臭い対策になります。

 

ただし、アンダーヘアを剃るときは傷つけないように十分な注意が必要で、できるだけ新品のカミソリを使うようにしましょう。

 

さらに、お風呂で十分に体を温めてから洗顔フォームを十分に泡立てて行うようにすると肌も痛めずに処理することができます。

 

 

 

 

 

続きを読む≫ 2014/11/17 08:57:17

 

スソワキガとは?

 

デリケートゾーンのニオイが人と比較して強くないかを気にしている女性は多いと思います。
デリケートゾーンのニオイの原因は雑菌です。
なので、陰部のヒダを指で良く洗って汚れを落としている人はそれなりにいるとおもいます。
しかし、アンダーヘアにも注意を配ることが必要です。

 

アンダーヘアには固まった経血やおりものがこびりついていることが多いです。
そこからも雑菌が繁殖するのでアンダーヘアをほぐすようにしてしっかりと落としましょう。

 

スソワキガとは?

また、女性には陰部に存在している「スソワキガ」というワキガが男性よりも多いとされています。

 

原因はアポクリン腺という汗腺なのですがここで菌が繁殖すると刺激のあるニオイを発するようになるので注意しましょう。

 

赤ちゃん用のお尻ふきでこまめに清潔にする

 

自分ではなかなかわかりにくいですが、デリケートゾーンの臭い気になっているという人もたくさんいると思います。

 

実際にデリケートゾーンは雑菌が繁殖しやすく、臭いを発生しやすいところ。できるだけ臭い対策をしておきたい部分です。どのように臭い対策をすれば良いか、簡単な方法を紹介します。

 

デリケートゾーンの臭い対策でオススメしたいのが、赤ちゃん用のお尻ふきです。

 

スソワキガとは?

赤ちゃんのお尻でも拭けるような安全な造りになっている上に、適度な湿り気でデリケートゾーンの汚れをしっかりと拭き取ることができるようになっています。

 

かぶれの心配もほとんどないですから、こまめに拭くことができるのもメリットです。

 

このように赤ちゃん用のお尻ふきを利用して、デリケートゾーンを清潔に保てばかなり臭いが抑えられます。

 

続きを読む≫ 2014/11/17 08:57:17

 

デリケートゾーンの正しい洗い方

 

女性の皆さんなら自分のデリケートゾーンのニオイが気になるという人が多いと思います。
デリケートゾーンのニオイの原因は雑菌です。

 

なので、雑菌が活性化するのを防ぐ必要があるので、しっかりとデリケートゾーンの汚れを落とす必要があります。
まず、石鹸はお湯で優しく泡立てていくことを心がけます。

 

デリケートゾーンの正しい洗い方

そして、アンダーヘア、ヒダの裏、肛門まで細かい所に汚れが溜まりやすいのでそれらが確実に落ちるように指の腹を使って丁寧に洗っていき、シャワーで流しましょう。
但し、注意したいのは膣内までは洗わないことです。
これは、膣内には細菌を寄せ付けないようにする自浄作用が元々あり、酸性化しているので洗ってしまうとかえって荒れる原因になるからです。

 

 

デリケートゾーン専用の石鹸で対策を

 

デリケートゾーンのニオイにお悩みの女性は多いでしょうが、対策するにはそのニオイの原因を突き止めることから始めることが大切です。
デリケートゾーンのニオイの原因になるのは雑菌の繁殖です。

 

デリケートゾーンの正しい洗い方

汗やおりもの、生理などがもとになって雑菌が繁殖しだします。
通常は弱酸性なのですがアルカリ性の洗浄成分のものを使うと余計に雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。
ニオイ対策をするにはの弱酸性の洗浄成分のものを使うのがベストです。

 

近頃ではデリケートゾーン専用の石鹸が販売されており、弱酸性の洗浄成分が配合されています。
通常の石鹸よりも、かゆみやかぶれが発生しにくいのが良い点です。
デリケートゾーン専用の石鹸で常に清潔にしておくことを心がけると効果的です。

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む≫ 2014/11/17 08:57:17

 

デリケートゾーン専用の石鹸

 

おりものや生理時のデリケートゾーンのニオイは普段、使っているボディソープでは香りをごまかすだけで本当にニオイが消えているのか不安になると思います。

 

デリケートな部分なのでゴシゴシ洗うと傷をつけてしまうので、デリケートゾーン専用の石鹸を使うと安心です。

 

デリケートゾーン専用の石鹸

デリケートゾーン専用の石鹸は刺激が少なく、消臭効果の高い天然成分が使われているので、通常のボディソープより安心して使えるのです。

 

また、デリケートゾーンのかゆみが気になる方も多いと思いますが、刺激を抑えているので不快な思いも少なくなります。このようなデリケートゾーン専用の石鹸には美容成分が配合されているので、洗い上がりに肌がつっぱることもありません。

 

保湿効果も高く、足やワキなどニオイが気になる部分にも使えます。

 

 

 

トイレを利用するときにはビデを使う

 

デリケートゾーンは高温多湿で、しかも汗、おりもの、尿、汗、垢、経血などの影響で雑菌が繁殖しやすい場所です。
雑菌が繁殖すると老廃物を排出して嫌な臭いを発生させてしまいます。

 

デリケートゾーン専用の石鹸

対策としては、とにかくデリケートゾーンを清潔に保つことで、入浴の際によく洗ったり、トイレを利用するときにはビデを使って洗うようにするとかなり臭いは軽減されます。
あと、どうしても女性はおりものが出てしまうので、通気性の良い織物ナプキンを利用するとよいでしょう。

 

デリケートゾーン専用の石鹸

ただ、このような対策をしても臭いが消えないという時は膣に何らかの病気が起きている可能性があります。

 

そのような場合は、早めに婦人科等に行って適切な治療受けることをオススメします。

 

 

 

 

続きを読む≫ 2014/11/17 08:57:17

 

管理人のニオイ対策

■パンティーライナーを利用して対策する!

 

管理人のニオイ対策

きれいに装っていても、どうしても気になってしまうのがデリケートゾーンのにおいです。
きれいにしているつもりでも、なんとなく匂っているような気がする、という悩みを抱える人も多いです。

 

特ににおいを発しやすいおりものを、下着につけないように工夫してみましょう。パンティーライナーなどを使うのがおすすめです。
ライナーを一定時間ごとにとりかえていくと、おりものによって下着が汚れることもなくにおいも出にくくなります。
パンティーライナー自体に香りがついているものや消臭効果をうたっている商品もあるので、特ににおいのきつさに悩んでいる人は、こうしたものを利用してみるとよいでしょう。
長時間つけっぱなしにせず、こまめに変えるのがにおい対策のポイントです。

 

 

管理人のニオイ対策

■ コットン100%ナプキンと精油で嫌なにおいを軽減!

 

私は汗をかきやすい体質のため夏場はとくにデリケートゾーンのにおいが気になりました。
生理前後はとくにむっとするにおいがしました。
(仕事で忙しくなかなかトイレにも立てません)

 

なので対策をふたつ行いました。
一つは生理用ナプキンをコットン100%使用で高分子吸収材不使用のものに切り替えたこと、
おりものシートもコットン100%のものに切り替えました。
それだけで肌のむっとするにおいが軽減しました。

 

管理人のニオイ対策

また、私は精油をよく買うのですが、
においのきつい時はコットンに精油を数滴しみこませて、
おりものシートやナプキンと下着の間に挟み込んでおきます。
そうすると不快なにおいが精油のいい香りでかきけされるので、よく利用しています。
個人的にはティートゥリーが好きでよく使っています。

 

 

管理人のニオイ対策

■ズボンやストッキングは避ける!

 

私は体調を崩したりバランスを崩すと膀胱炎や膣炎になりやすくなります。そうなるとにおいが気になってきます。
なのでまず一つは体調管理をしっかりすることを心がけています。

 

あとはにおいが気になるからと洗いすぎるとよけいによくないので(殺菌しすぎると体の免疫を保つよい菌までも殺してしまうので)、デリケートゾーンを洗うときは肌に優しい無添加のソープで優しく洗うようにしています。

 

管理人のニオイ対策

また、蒸れるとにおいがしてしまうので、
通気性の良い肌着(綿素材のもの)を着たり、
体を締め付けるようなズボンやストッキングはなるべく避けるようにしています。

 

これらを気を付けるだけでにおいが軽減できている気がします。

 

 

管理人のニオイ対策

■おりものシートをこまめに替える

 

デリケートゾーンのニオイ対策として、こまめに「おりものシートを替える」ことにて対応しています。
しかしパッと聞いただけでは、下着のニオイ対策のための方法だと思うかも知れませんが、デリケートゾーン自体のニオイの減少にもつながると思っています。

 

生理予定日の2週間前ほどはとくにニオイがキツくなる傾向がありますので、おりものシートをこまめに交換することによって、清潔に保つようにしています。
やはり、清潔な下着を身につけることによって、デリケートゾーン自体のニオイを減少させることにつながると思いますし、それに実際にパンツを脱いだ後に感じていたニオイは、日中におりものシートをこまめに替えることによってずいぶんと減少していることを実感しています。

続きを読む≫ 2014/11/17 08:57:17

 

 

デリケードゾーンの臭いは、誰にも相談出来ない恥ずかしい悩みと言えます。

 

雑菌が繁殖して臭い易いデリケートゾーンを一般的に販売されているボディソープではなく、雑菌の繁殖を抑える、殺菌タイプの薬用ボディソープを使用する方法です。

 

香りのついた一般的なボディソープは、身体全体に使用する分には問題ないのですが、デリケートゾーンは湿気が多く、ボディソープの香りが嫌な臭いに変わり易いのと、殺菌作用がほぼないのでデリケートゾーンの雑菌を抑えるのには不向きと言えます。

 

殺菌タイプのボディソープは、薬用で安心な上、無香料の肌に優しいタイプなので刺激が少なく、デリケートゾーンを洗うのに適しています。
変に匂いをつけるのではなく、無香料の薬用を使用する事で元々のデリケートゾーンの臭いを抑える事が出来ます。

 

 

■デリケートゾーン用のソープもオススメ!

 

 

生理中にデリケートゾーンの匂いが自分で気になる事も多いです。特に、ホルモンバランスなどでイライラする事もあり、匂いが気になるという事は精神的にもよくありません。しかし、最近になりその悩みは解消されました。

 

なんとなく購入したデリケートゾーン用のソープで、本当に匂いが気にならなくなる物を見つけたからです。これはインティマというブランドインティマDという専用ソープなのですが、ジェル状で植物の香りがし、すっきりと洗い流す事ができます。

 

こちちはデリケートゾーンと同じPHで作られている上、肌を守るビタミンや乳酸、たんぽぽエキスなども配合されていますが、効果はデリケートゾーンの匂いだけではなく、デリケートゾーンが常に清潔になり生理のかぶれなども起こりにくくなるのです。今までも様々なデリケートゾーンの対策をしてきましたが、今はこの専用ソープのケアだけで気になる事は全くなくなりました。

 

 

■添加物には注意しよう!

膣内は自浄作用が働いているので酸性を常に保っていて、下手に膣内まで指や石鹸を入れて洗ってしまうと自浄作用が低下してしまうので注意しましょう。
また、デリケートゾーンは薄い粘膜ともいえる化学合成などの添加物が配合されていると逆効果だったり、肌荒れを起こすこともあるので洗うときのソープはよく考えて選びましょう。

 

 

 

 

続きを読む≫ 2014/11/17 08:57:17
ホーム RSS購読 サイトマップ